発達障害アスペルガー響さんのコーヒー店はどこ?通販や購入方法は?

7月28日放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で紹介されていた、

15歳の少年が営むコーヒー店。

その少年は、アスペルガーという発達障害と診断されながらも、コーヒー店をしています。

15歳という幼い少年というだけでなく、発達障害というハンデも持っているのに、

スゴイですね~

今回はその響君のコーヒー店について詳しくご紹介していきます。

Sponsored Links

響さんがコーヒー店を始めたきっかけ

響さんは、小学校から授業中に抜け出したりと、落ち着きがなかったことから、

病院に行ったところ、アスペルガーという発達障害と診断されたそうです。

その影響で、黒板の文字をうまく読み取れなかったりと、

思うように学校の授業を受けられませんでした。

そして次第に不登校になっていったそうですが、

もともと、コーヒーの焙煎は好きだったようで、

自分を表現できるコーヒーの研究成果を発表する形で店を出そうと決意したそうです。

そして、自宅近くの空き小屋を父の開人さんと共に改装し、オープンを果たしました。

 

響さんが営むコーヒー店はどこ?

響さんのコーヒー店は彼が生まれ育った群馬県桐生市小曽根町にあります。

自家焙煎したコーヒー豆を販売する「HORIZON LABO(ホライズン・ラボ)」というお店。

営業は毎月1~7日の午前11時~午後7時。

詳しい住所は、

〒376-0043
群馬県桐生市小曾根町4-45
研究発表日
毎月1日~7日(祝祭日も開放)
AM11:00~PM7:00

 

小さいころから味覚が敏感で、同じ調味料のメーカーまで見極められたそうです。

そして、親御さんもコーヒーが好きな響さんの為に100件以上のコーヒー店に連れて行ったそうです。

そんな響君がつくったコーヒーはおいしいに決まってますよね~

 

NEWS ZEROでも以前に紹介されたようです

 

Sponsored Links

発達障害を乗り越えて

店のキャッチコピーは「ぼくができることから ぼくにしかできないことへ」だそうです。

アスペルガー症候群と向き合いつつ、高校には進まない選択をし、自分にしかできないこと、

自分を表現できることをやっている、そしてそこへ導いた親御さんは素晴らしいですね。

響さんのお母さんは、

 

「このままでは心が潰れてしまう」。心配した母久美子さん(36)は、無理をして登校させる代わりに家族の食事作りを頼むことにした。「小さなことでもいいから『できる』を実感し、自信をつけさせてやりたかった」

と語っています。

 

コーヒーの通販はある?

現在は、通販は行っていないようです。

実際の店舗に行ってみないと入手できないようです。

 

さいごに

発達障害の子は、親や周りの社会の理解度が大事ですよね。

その点、響さんの親御さんは、彼にしかできないことを伸ばしてあげていて、

すごいな~と感心してしまいました。

響さんも、好きなことで自分を表現できる仕事をもつことができて、

幸せなんじゃないでしょうか?

コーヒー、飲んでみたいですね!

 

Sponsored Links