情熱大陸に出演!通訳者・橋本美穂の経歴や年収は?結婚してる?

記者会見、IT企業の会議、医療分野、ピコ太郎、ふなっしーまで、どんな分野の通訳もこなしてしまう通訳者・橋本美穂さん。

今では超売れっ子の通訳士で、実力もかなりスゴイ。

そんな彼女の通訳のすごさをご紹介するとともに、経歴や年収、結婚歴などの気になるところも調べてみました~

Sponsored Links

橋本美穂さんプロフィール


出典:Thepage (https://thepage.jp/detail/20170130-00000002-wordleafv)

 

1975年アメリカ生まれ。幼少期を東京で過ごし小学生で再びアメリカへ。サンフランシスコで5年滞在後は神戸で関西弁もマスター。自らを「ガリ勉だった」と振り返る勉強家。慶應義塾大学卒業後、キヤノンに就職。9年間務めた後、通訳者の世界に転職。自分の言葉をより明確に伝える為アナウンススクールで滑舌や発声法、イントネーションを学び、自身の微妙な訛りまで改めた。独立し10年の42歳。

通訳者としての経歴

通訳者養成学校を修了後、2006年より日本コカ・コーラ株式会社の専属通訳者を務める。

後にフリーランスの通訳者に転身。翻訳者、および通訳者養成機関の講師としても活躍中。

 

脳への糖分補給のために、橋本美穂さんにとって、チョコレートは欠かせない必須アイテムなんだそうですよ!!

ピコ太郎の記者会見の通訳が話題に!

ピコ太郎の記者会見の時には、その橋本さんの通訳の実力を垣間見ることができました。

ピコ太郎さんのギャグのニュアンスを伝えるのはすごく難しいと思うんですよね~

ただ言葉通り訳しても文化の違いなどによって伝わらないことも多々あると思います。

橋本さん、ちょっと困ってはいましたが、この難易度が高い記者会見も見事乗り切っていました。

 

例えば、

ピコ太郎「驚き桃の木、20世紀」
橋本さん「I’m surprise like a peach tree.」

ピコ太郎「世界中の人に言いたいのはもうほんと、『ありが玉置浩二』ということをきっちりと。」
橋本さん「So only want to say to everybody in the world is “Arigato, or Ariga-TamakiKoji”.」

というように通訳していました。

その記者会見の様子はこちら~

Sponsored Links

通訳者としての年収は?

通訳の年収はどのくらいか調べてみたところ、

フリーランスであれば平均600万円ぐらいだそうです。

受ける仕事量にもよりますが、時給にすると2000円~4000円ぐらいなんだそう。

しかし、これはあくまでも平均ですから、

橋本さんはもっと良いはずでしょう。

超トップレベルの通訳者で、国の仕事や超一流企業の通訳であれば、

年収は数千万はあるでしょう。

企業の専属通訳でも~1000万円ぐらいはするようです。

橋本さんは間違いなくトップレベルの実力と人気で知名度もありますから、

報酬もトップレベルでしょう。

 

結婚はしてる?

橋本さん、年齢は42歳ですが、結婚はしているのでしょうか?

結婚や子供はいるのか調べてみましたが、

今のところ、そのような情報はないようですね。

超売れっ子の通訳者さんで、バリバリ仕事をされているので、家庭をもつ時間はないのかもしれないですね。

 

情熱大陸に出演

6月4日に放送されるTBS系列の情熱大陸に、橋本美穂さんが取り上げられるようです。

番組内容

ボクシング6階級制覇のパッキャオ、梨の妖精ふなっしー、そしてピコ太郎まで。時代を彩る人々の外国人向けの会見で通訳を務め、卓越した技術と表現力が話題の橋本美穂。ピコ太郎武道館初ライブの通訳現場…IT企業の会議室で7人の話す英語と日本語の丁々発止…1000億円を超える取引に繋がる投資家とのコンファレンス…失敗が許されないまさに“真剣勝負の現場”とは?トップランク通訳者の頭の中とテクニックの秘密に迫る。

彼女の仕事ぶりや、私生活が垣間見れるかもしれませんので、見逃せないですね!

Sponsored Links